ありとあらゆるMONO(もの)を題材としたモノ創りをテーマとして
   鞄という固定概念を排除し色々なものに挑戦していく
企画・制作のポリシー

MONO創りコンセプト
mono創りが好きな人が集まり、こだわりの逸品を企画・制作




   3つのキーワード

物語  
 一つ一つの商品に物語があるmono創り

観客と 舞台 
ファッション性のあるマニアの人が欲しくなる鞄・スポーツ・生活雑貨・廃材など
ありとあらゆる商材でのmono創り

役者   
豊岡(鞄の町)と言う特性を生かし金具のエキスパート・生地のエキスパート革加工のエキスパートとのmono創り